自動車ローンが総量規制対象外の理由とは?

自動車を購入するために自動車ローンを組むのが一般的です。しかし、総量規制によってお金を借りることができないのでは、と悩んでいる人もいるようです。

総量規制は、年収の3分の1を超える借入れはできないとしたものです。借りれ額を制限することによって債務者が多重債務によって返済苦に陥らないように2010年より施行されています。年収3分の1という制限は、1社あたりではなく借金全てを合わせた金額なので人によっては厳しい規制になってしまうでしょう。
となると、既に借金をしている人は借りられる金額が希望するほど借りられず、1円も借りることができない可能性もあります。しかし心配する必要はありません。
全ての借金が制限されているわけではなく、総量規制対象外になる借入れがあります。総量規制対象外になるそのひとつが自動車ローンです。

そもそも総量規制は貸金業者が守らなくてはいけない制度です。つまり、規制の制限を受けるのは消費者金融や信販会社からお金を借りた場合に限り、金融機関からの借入は総量規制対象外となっています。
自動車ローンは銀行や信用金庫などの金融機関が用意している金融商品なので、他社からお金を借りていても自動車ローンが契約できないということはないでしょう。

貸金業者ではこれ以上お金を借りられないという場合は、もちろん自動車ローン以外でも金融機関からの借入れは総量規制対象外のローンになるので、うまく使い分けていくことです。